2005年07月09日

ターゲティング

セグメンテーション』の段階で、市場をある基準に基づいて細分化させたら、次にどの市場セグメントをターゲットをするか決めることになります。

『ターゲティング』とは、『セグメンテーション』において細分化した市場に対して、評価指標を用いて比較することで、対象の市場セグメントを選定することです。

まず、対象とする市場セグメントは、戦略によってひとつであったら複数であったりしますが、以下のような評価指標を用いて選定します。

・規模
・成長性
・収益性
・自社の目標や資源とのマッチング

また、市場セグメントを選定するには、以下のような方法があります。

@無差別マーケティング:単一のマーケティングミックスで、市場セグメントを絞らず、市場全体を対象とする方法

A差別的マーケティング:複数の市場セグメントに対して、それぞれに適したマーケティングミックスを構築する方法

B集中的マーケティング:単一のマーケティングミックスで、1つまたは複数の市場セグメントを対象とする方法。

※『マーケティングミックス』については、別項でご説明します。

posted by あかつき at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セグメンテーション

マーケティング戦略を策定するプロセスにおいて、どこを標的の市場とするかは非常に重要です。なぜかというと、サービスや商品に対するニーズは人それぞれであるため、的確な標的を絞る必要があるからです。

この標的市場の選定は、一般的に『セグメンテーション』、『ターゲティング』、『ポジショニング』の順位行われています。

まず、『セグメンテーション』について説明します。
『セグメンテーション』とは、顧客を複数の小グループに分割することです。
以下に、セグメンテーションを行うにあたっての、基準となりそうなものを列挙します。

@地理的な基準:地域、人口密度、気候
A人口統計学的な基準:年齢、性別、家族構成、職種
B行動基準:購買状況、使用頻度

posted by あかつき at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

SWOT分析

マーケティング戦略の策定や業務改善を実施していく際に、まず環境などの現状を分析しなければなりません。その分析方法のひとつが、SWOT分析です。

現状分析をMECEに行うためのフレームワークである『SWOT分析』についてご紹介します。

続きを読む
posted by あかつき at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

3C

マーケティング戦略の策定や業務改善を実施していく際に、まず現状を分析しなければなりません。その分析方法のひとつが、3C分析です。

企業の現状分析をMECEに行うためのフレームワークである『3C』についてご紹介します。

続きを読む
posted by あかつき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。