2005年07月09日

ターゲティング

セグメンテーション』の段階で、市場をある基準に基づいて細分化させたら、次にどの市場セグメントをターゲットをするか決めることになります。

『ターゲティング』とは、『セグメンテーション』において細分化した市場に対して、評価指標を用いて比較することで、対象の市場セグメントを選定することです。

まず、対象とする市場セグメントは、戦略によってひとつであったら複数であったりしますが、以下のような評価指標を用いて選定します。

・規模
・成長性
・収益性
・自社の目標や資源とのマッチング

また、市場セグメントを選定するには、以下のような方法があります。

@無差別マーケティング:単一のマーケティングミックスで、市場セグメントを絞らず、市場全体を対象とする方法

A差別的マーケティング:複数の市場セグメントに対して、それぞれに適したマーケティングミックスを構築する方法

B集中的マーケティング:単一のマーケティングミックスで、1つまたは複数の市場セグメントを対象とする方法。

※『マーケティングミックス』については、別項でご説明します。

【関連する記事】
posted by あかつき at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。