2005年06月30日

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングとは、物事を相手にわかりやすく伝えるために、“論理的”に、かつ“客観的”に考えることです。

“論理的”ということは、分析にモレがあってはなりません。
また、“客観的”ということは、主観が入ってはいけないということです。

クリティカルシンキングとは、冷静に物事と向き合い、徹底的に批評を繰り返し、より完璧な考えを引き出すことと言い換えることができるかもしれません。

一見すると、クリティカルシンキングは非常に難しいことに思われるかもしれませんが、ビジネスの場でプレゼンテーションをしたり、会議で意見を論じたり、企画書などの書類を提出する際には、相手に論理的かつ客観的にわかりやすく伝えることが非常に重要となります。
posted by あかつき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルシンキング クリティカルシンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4747415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。