メインコンテンツ
『できると思われる仕事ができるようになるノウハウをご紹介。』

◆ クリティカルシンキングの基本
 ・ クリティカルシンキング ・ MECE ・ フレームワーク

◆ マーケティング戦略の策定プロセス
 @ 環境分析
  ・ 3C ・ SWOT分析
 A 標的市場の選定
  ・ セグメンテーション ・ ターゲティング ・ ポジショニング
 B マーケティングミックスの構築
  ・ 4P(6P)

◆ 業務改善のプロセス
 @ 現状分析
  ・ 3C ・ SWOT分析
 A 問題の定義
  ・ 現状と理想のギャップ
 B 原因の追究
  ・ 問題分析のロジックツリー
 C 解決策の策定
  ・ 解決策案出のロジックツリー ・ 5W1H(+1H)
 D 解決策の検討
  ・ AHP
 E スケジューリング
  ・ ガントチャート
 F 実行
  ・ PDCA
最近の記事

2005年07月09日

ターゲティング

セグメンテーション』の段階で、市場をある基準に基づいて細分化させたら、次にどの市場セグメントをターゲットをするか決めることになります。

『ターゲティング』とは、『セグメンテーション』において細分化した市場に対して、評価指標を用いて比較することで、対象の市場セグメントを選定することです。

まず、対象とする市場セグメントは、戦略によってひとつであったら複数であったりしますが、以下のような評価指標を用いて選定します。

・規模
・成長性
・収益性
・自社の目標や資源とのマッチング

また、市場セグメントを選定するには、以下のような方法があります。

@無差別マーケティング:単一のマーケティングミックスで、市場セグメントを絞らず、市場全体を対象とする方法

A差別的マーケティング:複数の市場セグメントに対して、それぞれに適したマーケティングミックスを構築する方法

B集中的マーケティング:単一のマーケティングミックスで、1つまたは複数の市場セグメントを対象とする方法。

※『マーケティングミックス』については、別項でご説明します。

【関連する記事】
posted by あかつき at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セグメンテーション

マーケティング戦略を策定するプロセスにおいて、どこを標的の市場とするかは非常に重要です。なぜかというと、サービスや商品に対するニーズは人それぞれであるため、的確な標的を絞る必要があるからです。

この標的市場の選定は、一般的に『セグメンテーション』、『ターゲティング』、『ポジショニング』の順位行われています。

まず、『セグメンテーション』について説明します。
『セグメンテーション』とは、顧客を複数の小グループに分割することです。
以下に、セグメンテーションを行うにあたっての、基準となりそうなものを列挙します。

@地理的な基準:地域、人口密度、気候
A人口統計学的な基準:年齢、性別、家族構成、職種
B行動基準:購買状況、使用頻度

posted by あかつき at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

今一番欲しいノートパソコン

パナソニックのLet's note T4 CF-T4GW5AXR です!





このノートパソコンの魅力は、
標準搭載されているバッテリーで、約12時間駆動。
1.2kgちょっとの重さにも関わらず、100kg耐圧のボディです。

仕事で持ち歩く際に、A4版サイズなのでビジネス鞄に入りますし、軽いため持ち運びも苦にならなそうです。その一方で、12時間もバッテリーが駆動し、耐圧設計ということで使いかっても非常のよさそうです。今欲しい一品です。

◆レッツノートT4を詳しく知りたいとき◆


≪スペック≫
CPU:  インテルPentium M 1.20GHz
メモリ:  512M
画面:   12.1型
HDD:  40GB
無線LAN: 搭載
OS:    Windows XP Pro
posted by あかつき at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネスアイテム ビジネスアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題の定義

現状分析により現状を把握したら、次はあるべき姿、つまり理想の姿を描く段階になります。

問題とは、現状の姿と理想の姿のギャップとして捉えることができます。

続きを読む
posted by あかつき at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務改善 業務改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SWOT分析

マーケティング戦略の策定や業務改善を実施していく際に、まず環境などの現状を分析しなければなりません。その分析方法のひとつが、SWOT分析です。

現状分析をMECEに行うためのフレームワークである『SWOT分析』についてご紹介します。

続きを読む
posted by あかつき at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングとは、物事を相手にわかりやすく伝えるために、“論理的”に、かつ“客観的”に考えることです。

“論理的”ということは、分析にモレがあってはなりません。
また、“客観的”ということは、主観が入ってはいけないということです。

クリティカルシンキングとは、冷静に物事と向き合い、徹底的に批評を繰り返し、より完璧な考えを引き出すことと言い換えることができるかもしれません。

一見すると、クリティカルシンキングは非常に難しいことに思われるかもしれませんが、ビジネスの場でプレゼンテーションをしたり、会議で意見を論じたり、企画書などの書類を提出する際には、相手に論理的かつ客観的にわかりやすく伝えることが非常に重要となります。
posted by あかつき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルシンキング クリティカルシンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

ロジックツリー

『ロジックツリー』は、問題を解決する際に原因を分析するために利用したり、解決策を案出するときに効果的な方法です。

ロジックツリーには、上記のように2通りの利用方法があります。これからロジックツリーの2通りの利用方法を紹介していきます。

続きを読む
posted by あかつき at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務改善 業務改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーバリーブラックレーベルの鞄

bag-1.jpg

念願のバーバリーブラックレーベルのの鞄を買いました。
丸井にて、31500円でした。
A4版の書類は、余裕で入ります。表面が固めのビニール素材なので、手を離しても倒れませんし水も軽くはじきます。

一番気に入ったポイントは、携帯を入れられるポケットやボールペンをさせる部分があるなど細かい機能がしっかりしている点です。鞄の中の荷物がごちゃごちゃにならずに、きれいにまとめられれて便利です。

まぁ、第一印象で気に入ってしまい欲しくて欲しくてたまらなかったのですが。
実際に使ってみると、機能面もすごく良かったという感じです。
posted by あかつき at 02:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ファッション ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレームワーク

『フレームワーク(枠組み)』と言うものは、MECE(モレなくダブリなく)を実現するための方法です。

言い換えれば、

続きを読む
posted by あかつき at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルシンキング クリティカルシンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

3C

マーケティング戦略の策定や業務改善を実施していく際に、まず現状を分析しなければなりません。その分析方法のひとつが、3C分析です。

企業の現状分析をMECEに行うためのフレームワークである『3C』についてご紹介します。

続きを読む
posted by あかつき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。